家出少女神待ちミナコ

タグ:渋谷 ( 22 ) タグの人気記事




家出少女 神待ちミナ 人妻刑事の受難③

「うァ、、、うゥ、、、、、、や、やめて、、、せんせい、、、」


理子の声を無視して、愛撫は続く。
 


淫獣と化した男の、指と舌、手と唇が、

女体の隅々まで、這い回り、嘗め回す。


政治家は、脱ぎ捨てたズボンからベルトを引き抜き

理子を後ろ手に縛った。


白いうなじにしゃぶりつき、舌を這わせる。

右の手は、仰向けにされても形が崩れぬ、

豊満な乳房を丹念に揉みしだく。


浮腫んだ様な指が食込み、舌と交替で乳首を転がす。




そして、、、

さっきまで、気味の悪い舌と唇の愛撫を受けていた、

理子のピンク色の花びらを、

黒々とした肉の棒が、ずいっ!!と根元まで貫いた。


「ああァ、、、、いャやぁァ、、、、」

呻く理子。


すぐに始まった激震が理子の肉体を揺さぶる。

たるんだ腹の肉が、たぷん、たぷんと揺れながら

理子の白い腹を打つ。


乳房が大波を打ち、乳首が波間を彷徨う。


「おおウツ!!きた、、きた!」

うめき声をあげた政治家の身体が震えだす。

限界が近いのだ。


苦しい息の下、理子は懇願する。

「ナ、ナかは、だめぇ!そと、ソト!、へ、、、」

激しく揺さぶられ、あとは言葉にならない、、。


そして、、、、終焉、、、。


「おおう!」

気味の悪い声。

同時に、理子の中で、花びらの奥底で

肉の棒が、膨れ上がり、自爆して果てた。

濁流が荒れ狂った。



理子の中で、、、、。


「あ、、だ、、、め、、、、。」


心の中に、絶望が広がる。


見開かれたままの、大きな瞳から零れる

ひとすじの清らかななみだ、、、。


政治家は、その顔を覗き込み、ニヤリと笑う。

「よかったよ、、、君の味は、、、、、。」


覆面の男たちも、政治家に拍手している。

「先生!!お疲れさまでした!!

先生!!おめでとうございます!!」


そう、全て、猿芝居だったのだ。

理子を陵辱するための、、、。

好色の政治家の破廉恥で卑劣な、、、、罠、、、、。


だが、理子には聞こえない。

こころが遠くにいってしまったから、、、。

もう、愛する夫の顔すら見えないほどに、、、。


それでも、ビデオは回っている。

時おりシャッターの音も続いていた、、、。

(完)
[PR]



by sefu0 | 2010-08-21 15:52 | 家出少女神待ち 官能小説

家出少女 神待ちミナ 人妻刑事の受難①

人妻でありながら敏腕刑事である理子は要人警護ということで、ある政治家の護衛に就くことになった。



テロリスト集団から脅迫されているらしい。

しかし、ある晩、わずかな隙をつかれ、政治家ともども拉致されてしまった。

縛られ、目隠しをされたまま、アジトに連れて行かれた理子と政治家、、、。

目隠しを外され、縄を解かれた理子。

眼前には黒覆面の男たち。

そして、手にした拳銃は、政治家に突きつけられている。

もちろん理子にも向けられている。

震えている政治家、、、。

「なあ、センセイよお、いいおんなを連れてるじゃネエか、、、あんたのおんなかい?」
リーダーらしい男の問いに、政治家も、理子も首を振る。

特に理子は力が入っていた。

「あ、あたしは警官よ、刑事なのよ!こんなことをしてタダで済むと思うの!」

声をあげる理子。

「おーおー、こわい、こわい、、。」

リーダーは首を竦めてみせた。

「ところで、、みんな!、このきれいなおんな刑事さんのハダカを見たくネエか?」

唐突に続けた。

「おおっ!!」全員が手を上げる。

どきり、とした理子がリーダーを睨むと、政治家まで小さく手を上げている。

リーダーと理子に見つかり、あわてて手を下ろした。

「という訳だ。脱いでもらおうか、、、おんなの刑事さん!」

リーダーは政治家のこめかみに銃口を押し付けた。

他の連中は理子に狙いをつけている。

震える政治家は、理子に手を合わせている。


『いま、他に選択肢はなさそう、、、ごめんなさい、、あなた、、、、、、。』

理子はぐっと唇を噛みしめ、目を閉じると、大きく頷いた。

愛する夫の顔が脳裏に浮かぶ。

それを振り払うように

大きな胸が盛り上げるスーツのボタンに指がかかると、

どこから出てきたのか、三脚にすえられた大型ビデオカメラや

デジタル一眼レフを構える男たち。

政治家までドサクサにまぎれて携帯電話をかざす。

しかし、リーダーに見つかり、取り上げられてしまう。

残念そうな政治家。


男たちを睨みながらスーツのジャケット、スカートと、一枚脱ぐたびに、

男たちが理子をはやし立てる。

ビデオがまわり、シャッター音の嵐が起きる。



純白のブラウスのボタンがひとつ外れるごとに白い胸元がのぞき

みな、ごくん!と唾を呑み込む。


ブラウスを脱ぎ捨て、上半身が、うすい水色のブラジャーだけになる。

カップからこぼれそうな白い乳房。

拍手と歓声が起きる。


残るペチコートがゆっくりと、豊満な下半身をすり抜け、足元に落ちる。


「おおっ!」


ブラジャーと、パンティーの2枚だけを残した、下着姿の理子に、

全員の股間が総立ちになっていた。

もちろん、政治家のモノも。
[PR]



by sefu0 | 2010-08-20 13:20 | 家出少女神待ち 官能小説

家出少女してます☆毎日神様探し頑張ってます♪S〇X覚悟だから、神様おねがぃぃぃっ!!!
by sefu0
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家出少女神待ち 官能小説
緊急★家出少女神待ちより★
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧