家出少女神待ちミナコ

家出少女 神待ちミナ 欲感触①

僕はいつも突然、彼女に呼び出される。

「欲」

予告なくシャツの胸ポケットに入っている携帯が、受信を訴えて震えだした。
「おはよう。したいな」
タイトルなし
本文はそれだけ。
彼女からのメールだ。
「いいよ、何時?」
僕からの返信も、それだけだ。
「──ってホテルにいきたいの。いつものところに22時でどぉ?」
今日は自己主張があるので、今までの経験から機嫌がいいんだな、と判断する。
「わかった。また後で連絡するね」
そこまでやり取りを終えると、彼女からの返信はこなくなる。
いつものことだ。


僕は目の前の仕事に集中する。
これも、いつものことだ。


彼女と出会ったのは一つのサイトから。
まさかメールなんてこないだろうな、と思いながら会員登録をした有名な出会いサイトだった。
風俗にいく勇気はないのに、セックスはしたい。
彼女なんて煩わしいから、出会い系で後腐れなく。と、正直その程度の気持ちでしかなかった。
きっかけは彼女からのメールでトントンとリズムを刻むようにお互いの写真を交換して、気に入ったから会った。
彼女は、最初から気さくで、サバサバしていてとても楽で一緒に居るのが楽しい。
やりたいことをやりたいようにやっているだけよ、なんて言って、いまは恋をする力がないの。なんて可愛いことも言う。
サービス精神が旺盛でいつも下着は紐のパンティ、ときにはガーターベルトなんかも着用してくれて、視覚から僕の欲情を掻き立てる。
彼女の名前は、恵。
始めに聞いた歳は、確か25歳と言っていた。
それ以外は知らない。
僕は、いい年をしてフリーターをしている27歳。名前はノブ。ニックネームだ。
出身は岡山県で両親は共働き。親がよく働いてくれるからか、いまだに仕送りをしてもらっていて、いつまでも責任の無い環境でフラフラしている。
なんの変哲もない家庭に育って、なんの変哲もない家庭をいつか作って、なんの変哲もない人生を送って行くんだろうなと漠然と思っていた。



「ノブくん、今年プールに行った?」
恵の首筋にキスをして、風呂上がりのシットリした肌を楽しんでいた。
「プール?」
右の乳房をなぞりながら、鸚鵡返しに尋ねる。
「うん、行った?」
恵の意図が判らず、くりっとした愛らしい二重にキスをする。
「ここ何年も行ってないなぁ」
そして、肌を上から下へなぞりながら、僕の大好きなスラッとした脚を開かせる。
「新しい水着、買ったの。でも今年行けてなくて……」

どうやらこれはおねだりのようだ。
「じゃあ、今度一緒にいこうか?」
膝から脛を舐めて、もっと好きな場所へとむかう─…
「うんっ、嬉しい!」
恵の味は性格に似るのかそう感じるだけか、とてもさわやかだ。

「…、っん」
今日はまだピンクの紐パンティを結んだままで。
「…どうして欲しいの?」
はずす瞬間を想像するだけで、どうしようもなく高ぶってしまう僕はなんなんだろう─…
「……舐めて欲しい」
なんのカタチもないまま、会ってくれる彼女はなんなんだろう─…?

「恵…どこを?」
脚で小さな攻防を繰り返し、力ずくで開かせ固定する。
お互い、わかっていてやっている遊び。
「…奥まで、舐めて欲しい…」
恥じらう彼女は体をくねらせる。

「ねぇ、どこを?ちゃんと言ってくれないとわからないよ」─…喉から出かけた言葉を飲み込み、歯で噛んでゆっくりと紐を外していく。
薄い生地がスルリと音をたてて下に落ちた。
「…ぃや…」
口をつけると緩やかな抵抗の言葉。
背筋はゾクゾクするのに頭は嫌に冷静で、舌で味わいながら希望通り奥まで舐める。
「…っあ…」
指を加え、奥へ奥へと吸い込まれていく。
「びしょびしょだね」
「や…んんっ」
部屋に響きわたる水音が、やけにリアルだ。
「…ん~」
つけっぱなしで忘れていたテレビから、作り物の同じ音が聞こえてくる事実に苦笑する。
「…入れたい…いい?」
恵はシックスナインが好きだ。
でも、今日は舐めてもらいたい気分じゃない。
『お互い楽しければいいじゃない』
恵の言葉はどれもまっすぐで思い出す時は大抵はにかんでいる。
「きてほしい」

自分が女性の中に包み込まれる─…。
この瞬間のために僕はセックスをするのかも知れない。
[PR]



# by sefu0 | 2010-09-16 13:26 | 家出少女神待ち 官能小説

家出少女 神待ちしている家出少女りなぁちゃんヽ(*´∀`)ノ

このコも家出少女トモダチだょ~


すっごくかわいくて、じっさいに見たら驚いちゃうんじゃないかなぁ??


家出少女りなぁちゃん


神様のみなさま、よろしくデスヽ(*´∀`)ノ
[PR]



# by sefu0 | 2010-09-15 20:21 | 緊急★家出少女神待ちより★

家出少女 神待ちミナ 繁栄の国⑥

「プリンス、成功しましたな。」

声をかけたのはプリンスの側近ラルフ。
プリンスは服を着替えながら、ラルフに言った。

「こんなにうまくいくとは思わなかった。はじめはこんな種がどうして媚薬になるか半信半疑だったからね。でも、こんなに体に無害で常用性を発揮するなんて。あの研究者に大金を注ぎ込んだのも無駄じゃなかったな。薬で人を動かせば、国も人も滅んでしまう。欲望で動かすことが一番だろう。これからはこの方法を使うことにするよ。もう国民の数は増えてきたから、これからは兵力になる人材を増やしていく必要がある。」

「プリンス、この方法なら国は急成長しますぞ。種は、まだまだありますからご心配なく。では、ちょっと私は先ほどの女の様子を見てまいります。」

「そうだな、しばらくは監視が必要かもしれない。もしも、繁殖を拒むようになったらこのスティックを彼女に見せるといい。」

プリンスは、スティックをラルフに渡した。
ラルフはそれをもって、地下室へ。

「あっ、あっもっともっと突いてっ…。奥よ、奥。あっ…」

地下室ではルイの喘ぐ声が響いていた。

「いいだろう。俺のモノは感じるだろう。中に出すぞ。全部ぶち込むから受け止めるんだぞ。さぁ、出すぞ。」

兵士の腰使いが一気に加速する。

「あーっっっ。」

たっぷりの精液はルイの中へ出された。
兵士がそれを抜き取ると、一気にルイの中から流れ出した。

「じゃ、次は俺の番だな。」

続いてすぐ次の兵士が、モノを突き立てて入ってきた。
ラルフは、ルイがどんな反応をするのかと影から見ていた。
(さすがに、こんなに激しい性交だとルイも拒むかもしれないな)
と思ったが、ルイにそんな様子は全くなかった。

「お願いします。たくさん突いてください。たくさん出してください。」

ルイは、自ら脚を開き兵士を迎えたのだ。

「たっぷり出させてもらうよ。お国のためだからな。」

兵士は前の兵士に出された精液で濡れたままのルイの中へ、一気に自分のモノを押し込んだ。

「あっきついな。締まりもいい。こりゃすぐイきそうだ。」

そう言いながら兵士は腰を速めた。

「あっ、あっ気持ちいい…。あっもっともっと、あっ…。」

ルイは再び絶頂へ向かおうとしていた。
その様子を見ていたラルフは、スティックの出番はなさそうだと感じた。


数ヶ月後ルイは妊娠した。

ルイは子供が授かったことと、スティックが手に入ったことを喜び妊娠中ずっとオナニーをして過ごした。
繁栄の国は、まだ繁栄をつづけている。
この世から性欲がなくならない限りずっと。
[PR]



# by sefu0 | 2010-09-14 09:18 | 家出少女神待ち 官能小説

家出少女 神待ちミナ 繁栄の国⑤

種を入れられたルイの体にすぐに異変が起きた。
小さい種だったのだが、見る見るうちに膨らんできたのだ。
その種は、ルイの中奥深くへと侵入してきた。
そして、ルイの一番感じるところへぶつかった。

「プリンス、これは何ですかっ。あっ奥まで入ってきて、あっ、すごく膨らんでいます。」

「そうだね、膨らんできたね。これは、種なんだ。女性の体の中で成長するもので、生きているんだよ。棒状に育つこの生き物は、体液を取り込んで成長するんだ。ルイ、君の一番感じる部分に吸いついているんだよ。感じるだろう。」

確かにルイは、奥のほうに刺激されていることがわかった。

「もう少し成長すると、体全体が動き始めるよ。もう始まったかな?」

ルイの体の中で成長を続けるその生物は、芋虫のように動き出した。
それはまるで、男性器の出し入れのような動きで、ルイの体からたくさんの体液が流れてきた。

「ルイ、この生物はね、君が体液を出せば出すほど成長が進むんだよ。君の体に一番合う大きさと形になるまでその成長は止まらないんだ。」

プリンスは、ルイから少し離れたところにある椅子に座ったままその光景を見て楽しんでいた。

「あっ、そっそこ。あっ、ダメいっ…いっちゃう。」

種の成長はしばらく続き、ルイの体からは体液が絶え間なく溢れ、何度も絶頂を迎えた。
ルイは、体験したことがない快感と疲労からついに気を失ってしまった。

「ルイ、さぁ、起きてごらん。君だけのスティックができたよ。」

プリンスから手渡されたそれは、まさに男性器の象徴。
それを見た途端、ルイは入れたい衝動に駆られてしまったのだ。

「プリンス、これを入れてみてもいいでしょうか。」

だんだんと息が荒くなるルイに、プリンスは言った。

「これは君だけのスティックとは言ったけど、君のモノとは言っていないよ。だから、入れてはいけない。」

欲しくて欲しくてたまらないルイは、プリンスに懇願した。

「どうか、それを入れさせてください。体がおかしくなりそうです。それが欲しくてたまらないのです。」

涙を流してプリンスに許可をもらおうとするルイだったが、そのステッキは王子に奪われた。

「ひとつだけ、そうだな、それをすると約束するならこれを貸してあげてもいいよ。」

「なんですか?なんでもします。」

ルイのその言葉を聞いて、プリンスは笑った。

(これで成功だ)

心の中で思ったプリンス。

「今日から、この城に住み兵士たちの相手をするんだ。妊娠するまで毎日兵士と交わり、妊娠したらこのスティックを渡そう。出産してもまた兵士と交わり、妊娠すればまたスティックを渡す。これを一生繰り返し国を繁栄させるのだ。」

ルイは、とにかくスティックが欲しかったからすぐに承諾した。

「わかりました。お国の繁栄のために努めます。」

その言葉が出た瞬間、ルイは待ち構えていた兵士たちに連れて行かれた。
[PR]



# by sefu0 | 2010-09-13 10:02 | 家出少女神待ち 官能小説

家出少女 神待ちミナ 繁栄の国④


「ルイ、どうだい?君もこんな風になりたいかい?」

ルイは、下を向いて黙って頷いた。

「では、ルイも入れてごらん。」

プリンスは、リリのパンティを脱がせスティックを抜くとルイへ渡した。
ルイは、渡されたステッキを持ったままリリとプリンスの様子を見ていた。

「プリンス、どうか私のあそこに入れてください。ウズウズしておかしくなりそうです。」と、リリは懇願した。

「では、入れてあげよう。」と指を2本差しこみ、ゆっくりと奥へと挿入した。

「あっ。もっと、奥へ。あっそっそこ。」

「もっと、奥か。奥もいいがこれはどうだ?」

そう言って、プリンスはリリの中をかき回し勢いよく出し入れし始めた。

「あっ、プリンスっ。おかしくなりそうです。あっ…あっんっ…あっーん!!」

リリの中から勢いよく何かが吹き出し、プリンスの手はびちょびちょに濡れた。

「じゃ、いくよ。」

プリンスは、イったばかりのリリの脚を大きく開き、被さった。
そして、リリの中へ勢いよく自分のモノを挿入した。

「あっプリンス、痛いです。大きすぎて無理です。あそこが破れちゃう。」と、泣きながら言うリリに

「大丈夫。すぐに気持ち良くなるから。ほら、もっと腰を動かしてごらん。」

プリンスは、だんだんと腰を動かすスピードを速めていった。
はじめは嫌がっていたリリも、すぐに快楽を覚え腰を振り声を上げ悦んだ。
その様子を見ていたルイは、どれほど気持ち良くなれるのかと興味を持ち始め、パンティをずらして間からスティックを挿入してみた。
だが、どのあたりに挿入したらよいのかわからず、パンティを脱いで立った状態で脚を広げた。
自分の指で探ってみると、体の中心あたりに割れ目があることがわかった。
割れ目をなぞってみると、穴があいている場所に気づいた。
(ここだわ。)そう思い、ルイはスティックをゆっくりと入れてみた。
スティックが入ると、ルイは今まで感じたことがない気分になってきた。
体全体が熱くなり、特にスティックのあたりが一番熱くなった。
なんでもいいからスティックよりも太いものを入れてみたいという気持ちになってきたのだ。

「イっイくよ。あっ出るっ。」

「プリンス、私もイっ…もうっあっ。」

ルイの変化に気づかないまま、プリンスとリリは果てた。

「リリ、君の中はすごく素敵だったよ。国の繁栄のためこれからも頑張るんだ、さがっていい。」

リリは、ドレス乱れたドレスを整えて部屋から出て行った。

「さて、ルイ。何を入れてあげようか。そうだ、媚薬を試してみたいな。君の中へ入れてみてもいいかな。」

プリンスは、寝間着のポケットから種のような粒を取り出した。

「さぁ、おいで。」

指の出し入れに夢中になっているルイを、ベッドへ寝かせて脚を開いた。

「プリンス、あなた様のモノを入れてください。どうかお願いします。」と、懇願するルイの中へプリンスは種を入れた。

「なんですかこれは。」

「いいから、ちょっと待っていなさい。今に気持ち良くなれるから。」
[PR]



# by sefu0 | 2010-09-12 20:57 | 家出少女神待ち 官能小説

家出少女してます☆毎日神様探し頑張ってます♪S〇X覚悟だから、神様おねがぃぃぃっ!!!
by sefu0
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家出少女神待ち 官能小説
緊急★家出少女神待ちより★
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧