家出少女神待ちミナコ

家出少女 神待ちミナ 欲感触⑥

「もとき」
彼女特有の呼び方で自分の名前を呼ばれると、どこにいても抱きつぶしてしまいたい衝動に駆られる。
「恵、今日はなに食べよっか」
「ん~・・・もときは?」
今日はホテルを取っている。
恵が前からいってみたい、といっていた一流ホテルのスィート。
社会人になる、ということは彼女の希望をかなえてやれることでもあると思う。
そして、そんな自分にステイタスを感じるのだ。
「ルームサービス頼む?」
きょとん、と僕を見上げる彼女の丸い目が「なあに?突然」と半分笑っている。
「Nホテルのスイート、とってるよ?」
パチパチ、と音を立てるように長いまつげでまばたきを繰り返し、突然目が覚めたように口元に笑みが生まれる。
「覚えててくれたんだ、ウレシー」
彼女以外に一緒になる女なんて考えられない。
長く一緒にいて、時間をかけて相性をあわせてきた。
セックスの相性は実は時間が産むものだと、俺に教えてくれたのは彼女だ。
「ゆっくりお風呂にはいって、ゴハンたべさせてあげる。」
「ええええ~~今日なぁに?なにかのフェア?」
彼女特有の返しにいつも笑わせてもらっている。

ホテルにつくと、恵いわく「ラグジュアリーなおもてなし」に一緒にはしゃぎながら「お姫様気分」にさせるべくサッサとフロに湯をためる。
「お風呂でしてもいい?」
親に挨拶に行った先週まで、彼女は一度もナマではさせてくれなかった。
コンドームは100%ではないけれど、生命に_がると嫌がる彼女のやり方にあわせていた。実際責任も取れなかったし、彼女のそんな考え方も好きだ。
そして他の女がナマでヤらせてくれたので、特に不満も無かった。
解禁になった今はし放題なので、また恵とのセックスに新鮮味が加わって楽しくなった。
「お湯がはいっちゃうよぉ・・・・」
付き合いが長くなると、大抵の場所でセックスをしてしまい正直飽きてくる。
「恵、そういうのスキでしょ?」
「いやぁ・・・・・・あんッ」
座ったまま、浮力で軽くなった体を後ろからスキに揺さぶる。
恵も就職してから自分に投資をすることを覚え、エステに通いみるみるキレイになった。オンナは自分にお金をかけるのが楽しいらしい。
もともとキメの細かい肌が、すべすべで手入れされた背中に変わった。そんなことをボンヤリと考えながら見ているとうなじに噛み付きたい衝動に駆られる。
「こっちむいて」
横向きに抱えてディープなキスをしながら、中でいきたいなぁ、なんて思うけどすべてを食べきってしまった後、彼女に対しては惰性になりたくないので我慢する。
「・・・・ふぅん・・・」
「なにそのカワイイの」
ほっぺたを舐めながら、乳首をゆっくりキュウっとつまむ。
「だって・・・・きもちいい・・・」
そのまま下に下に愛撫をしていって、クリトリスをいじりながら彼女を先にイかせる。
「・・・やだ、もとき、いく・・・―――――ああああっ」
風呂から上がったら、バスローブでくるんで食べ物を咀嚼させながら食事というセックスをするのだ。そのあとはどうやってこの獲物を食べようか、と考えながら湯の中に自分を吐き出した。


どうでもいいオンナは、カラダ以外は興味が無い。
どこにいても、だれといても、めんどくささは変わらない。
適当に声をかけたり、その気にさせる言葉をつむげばどうにでもエサにありつける。
一生俺はこうなんだろう。
でも彼女は別。
―――と思うことで、汚れた自分の中にキレイなものを仕立て上げている。
一箇所ぐらい、聖域として残しておいてもいいだろう?

釣った魚にエサをやらないのは三流、大事な物は大事にしながら俺は一流を上り詰める。
[PR]



by sefu0 | 2010-09-22 13:58 | 家出少女神待ち 官能小説

家出少女してます☆毎日神様探し頑張ってます♪S〇X覚悟だから、神様おねがぃぃぃっ!!!
by sefu0
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家出少女神待ち 官能小説
緊急★家出少女神待ちより★
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧