家出少女神待ちミナコ

家出少女 神待ちミナ 繁栄の国④


「ルイ、どうだい?君もこんな風になりたいかい?」

ルイは、下を向いて黙って頷いた。

「では、ルイも入れてごらん。」

プリンスは、リリのパンティを脱がせスティックを抜くとルイへ渡した。
ルイは、渡されたステッキを持ったままリリとプリンスの様子を見ていた。

「プリンス、どうか私のあそこに入れてください。ウズウズしておかしくなりそうです。」と、リリは懇願した。

「では、入れてあげよう。」と指を2本差しこみ、ゆっくりと奥へと挿入した。

「あっ。もっと、奥へ。あっそっそこ。」

「もっと、奥か。奥もいいがこれはどうだ?」

そう言って、プリンスはリリの中をかき回し勢いよく出し入れし始めた。

「あっ、プリンスっ。おかしくなりそうです。あっ…あっんっ…あっーん!!」

リリの中から勢いよく何かが吹き出し、プリンスの手はびちょびちょに濡れた。

「じゃ、いくよ。」

プリンスは、イったばかりのリリの脚を大きく開き、被さった。
そして、リリの中へ勢いよく自分のモノを挿入した。

「あっプリンス、痛いです。大きすぎて無理です。あそこが破れちゃう。」と、泣きながら言うリリに

「大丈夫。すぐに気持ち良くなるから。ほら、もっと腰を動かしてごらん。」

プリンスは、だんだんと腰を動かすスピードを速めていった。
はじめは嫌がっていたリリも、すぐに快楽を覚え腰を振り声を上げ悦んだ。
その様子を見ていたルイは、どれほど気持ち良くなれるのかと興味を持ち始め、パンティをずらして間からスティックを挿入してみた。
だが、どのあたりに挿入したらよいのかわからず、パンティを脱いで立った状態で脚を広げた。
自分の指で探ってみると、体の中心あたりに割れ目があることがわかった。
割れ目をなぞってみると、穴があいている場所に気づいた。
(ここだわ。)そう思い、ルイはスティックをゆっくりと入れてみた。
スティックが入ると、ルイは今まで感じたことがない気分になってきた。
体全体が熱くなり、特にスティックのあたりが一番熱くなった。
なんでもいいからスティックよりも太いものを入れてみたいという気持ちになってきたのだ。

「イっイくよ。あっ出るっ。」

「プリンス、私もイっ…もうっあっ。」

ルイの変化に気づかないまま、プリンスとリリは果てた。

「リリ、君の中はすごく素敵だったよ。国の繁栄のためこれからも頑張るんだ、さがっていい。」

リリは、ドレス乱れたドレスを整えて部屋から出て行った。

「さて、ルイ。何を入れてあげようか。そうだ、媚薬を試してみたいな。君の中へ入れてみてもいいかな。」

プリンスは、寝間着のポケットから種のような粒を取り出した。

「さぁ、おいで。」

指の出し入れに夢中になっているルイを、ベッドへ寝かせて脚を開いた。

「プリンス、あなた様のモノを入れてください。どうかお願いします。」と、懇願するルイの中へプリンスは種を入れた。

「なんですかこれは。」

「いいから、ちょっと待っていなさい。今に気持ち良くなれるから。」
[PR]



by sefu0 | 2010-09-12 20:57 | 家出少女神待ち 官能小説

家出少女してます☆毎日神様探し頑張ってます♪S〇X覚悟だから、神様おねがぃぃぃっ!!!
by sefu0
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家出少女神待ち 官能小説
緊急★家出少女神待ちより★
未分類

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧