家出少女神待ちミナコ

家出少女 神待ちミナ 幼女教育④

茜が、放心状態になっていると、恭介が自らズボンのファスナーに手をかけた。

ジジッと静かに音を立て、静かに下げていく。

中のパンツの前空き窓からパンパンになったペニスをニョキッと出し、茜のヴァギナの方に向けた。

 茜はまだあちら側の世界で、恭介のペニスに狙われているのに気付かない。

恭介はそれを知りながら、放心状態で大股開きの、在られも無い格好の茜の下半身に飛び乗った。

 「少しだけ我慢してね。」

 そう言うと恭介は、茜のヴァギナにペニスを押し当て、少し腰に力を入れた。

 「つっ、いたぁぁぁいぃぃっ。」

 茜が一瞬にして、こっちの世界に戻り、恭介を拒む。

さっきのエクスタシーの悲鳴よりも何倍もの大きな声で、何かの助けを呼ぶ。

 「んんんんんっんんんんんっっっっっ」

 しかし恭介は、茜の口を両手で押さえ、下にいる親に気付かれないように自分の快楽を得ようとする。

 「ふーふーふーんんっっ」

 恭介は、痛がる茜を無視しながら深く大きくビストン運動をする。

処女とはいえ、その異常なほどに濡れている茜のヴァギナは、恭介の大きくなったペニスを快く受け入れてしまっていた。

 「あっ・・・あっ・・・ぁぁ。」

 ペニスだけ出し、ズボンを履いたままの恭介の下半身と、スカートを履いたままの茜の下半身が凄い音をたてて、重なっている。

そして恭介の両手はボールギャグ(猿轡)のように茜の口の中に手を入れ、声が出ないようにしている。

 その押さえつけられている腕と手を掴み、真っ赤な顔で必死に痛みを耐えている茜は、
涙を流しながら強く目を瞑る。

鼻からは熱い吐息と、喉からは声にならない呻き声が聞こえてくる。

しかし、茜のヴァギナはそれとは裏腹にぐちゃぐちゃに濡れており、恭介のペニスを熱く深く受け入れていた。茜の愛液は、恭介が貫くたびに、凄い音を出して飛び散らんばかりに溢れ出ている。

 そのレイプともいえる光景に、調教が趣味のサドの恭介にはまた、たまらない快感を呼んでおり、思わず上擦った、甲高い女性のような喘ぎ声が出てしまう。

 

しばらくピストンをしていると、茜の抵抗が少なくなり、押さえていた両手を離しても大丈夫なようになった。恭介は、正常位のまま茜を包み込み、茜の顔に近づき、問いた。

 「先生も気持ちよくなりそうだよ...あかねちゃんは、生理はあるの?」

 恭介のピストン運動の揺れの度に、深い吐息を漏らし我慢している茜は、涙を流しながら横に首を振り、「まだ無いの...」と恭介の問いに答えた。

 恭介は、その返事を聞くと、また体を起こし、茜の口をもう一度片手で押さえ、もう片手は、制服を着たままの茜の上半身に手をかけ、胸を鷲づかみにしながら深く腰を動かし、茜のヴァギナを貫いた。

 [ギシッギシッギシッ・・・]

 [ブッグッグチュ・・・]

 恭介が強く深く腰を茜に押し付ける。そのスピードは徐々に増し、恭介のペニスの先はパンパンに膨らみ膨張する。棒の部分も激しく反り返り血管が浮き出ている。

 茜のヴァギナからはより大量の愛液が飛び出てきた。

 恭介は限界に達した。

 「あっ、あっ、・・・出るぅ、・・・出すよ・・・あぁっっっ!」

 恭介はベッドサイドに両腕を突き、体を小さく鼓動と合わせ、ビクビクしながら溢れ流れ出る精液をそのまま茜のヴァギナに発射した。

 「はぁ、はぁ、はぁ・・・」

 茜と恭介は2人で深い息を漏らし、茜の初体験と、恭介の調教が終わった。
[PR]



by sefu0 | 2010-08-31 11:57 | 家出少女神待ち 官能小説

家出少女してます☆毎日神様探し頑張ってます♪S〇X覚悟だから、神様おねがぃぃぃっ!!!
by sefu0
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家出少女神待ち 官能小説
緊急★家出少女神待ちより★
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧