家出少女神待ちミナコ

家出少女 神待ちミナ 危険なテレクラ④

「一人で・・・してました・・・」


「ふぅ~ん・・・一人でしてて、こんなにビチョビチョになっちゃったんだー」

そういって、私の淫裂にふぅ~っと息を吹きかけるのです。

「んぅ・・・」

「こんなにビチョビチョになっているんだったら、早くさわって欲しくてたまらないんじゃない?」

「は、はい・・・」

「さわって欲しい?」

「は、はい、さわってください・・・」



んっ!



突然、彼の指が私の中にズボッと入ってきたのです。

「はぁ~ん・・・」

くちゅくちゅ・・・くちゅ・・・

静まった寝室にイヤらしい音が響きます。

「こんなに、クチュクチュいって・・・聞こえる?」

「はい、きこ・・・えます・・・」

彼の指は激しく私の中をかき回します。

「うぅうう・・・はぁ・・・んん・・・・」

「中が熱くて、すごい締め付けだ・・・」

私はもう、すぐにイキそうになっちゃったの。

だってさっきまですっごく、待ちわびていたものを入れられたんですもの。

でも彼は、スポッって指を抜いちゃった。

「あんっ・・・」

後ろを振り向くと彼は、来ていた服を脱いでたんです。

良く見ると彼のソレは、今まで見たことないくらい大きくなっていて、おへそにくっついていたわ。

私は、あんなに大きな彼のモノが入ってくるんだーと思うと、私の中から熱い愛液が溢れてくるのが自分でもわかった・・・。

彼は自分の服を脱ぐと、私の膝に絡まっているパンティを取りさり、大きく左右に足を広げたの。

そして、彼のおちんちんを私のグチュグチュのソコへ・・・

すぐに入れて欲しかったんだけど、彼はこすりつけるだけ・・・

「知らない男に、あえぎ声を聞かせて・・・ムカツク・・・」

「ご、ごめんなさい・・・」

謝ったのにまだ中に入れてくれない・・・もう私、限界なのに・・・

「俺がほしーの?電話の男がいいの?」

「あなたが欲しいのぉ~はやくぅ・・・」


日頃なら絶対にしないんだけど、私お尻をふっておねだりしちゃった・・・。

「お願い・・・もう我慢できないの・・・入れて・・・」

すると彼のおっきな、おちんちんが・・・



ズボッ!!



それだけで頭の中が真っ白になってイキそうになッちゃった・・・。

「すごい、いつもより締まってる・・・入れただけでイキそう・・・」

そういったかと思うと、彼はいつもより激しくて、ずっと責めて欲しかった奥深くをグイグイ責めるの。

「あああああああ・・・・すごい・・・」

「もう、気持ちよすぎる・・・」

彼、いつもより大きくて、腰の動かし方が、激しくて・・・気持ちいいとこ、いっぱい刺激されて・・・

「も、もうダメ・・・イ、イッちゃう・・・よ」

「ダメだ・・・我慢しろ」

「ああ・・・んんん・・・あぁ~」

「あぁいい・・・あああ・・・」

彼もいっぱい声出してた。

その声を聞いて私はますます興奮しちゃって・・・

「ま、また中で締まった・・・あんまり締めるなよ・・・」

私、気持ちよくなりすぎて頭の芯がシビレちゃってる感じだったわ

「ぁうん!んっあっはぁっ・・!」

私のアソコの中は彼ののおちんちんでいっぱいで、もうこれ以上入らないってくらいなのに、彼は構わず激しく奥まで突きまくって・・・。

私の中から、お汁が大量に溢れ出てきて...ぐちょぐちょって音がすごくなっちゃって・・・

「あぃいんんん・・・・・」

「俺も、ダメだ・・・イクッ」

「あああああああああ・・・・・・・・」

「イクぅ!・・・・・」

全身の毛穴が開いたような感覚。

彼が腰を震わせて精液放出してるのとわたしのヒクヒクが同時になって、気持ちよさがすごかったわ!

アソコの奥に熱い精液がかかって、これもまた気持ちよくて・・・

思いっきり激しいエッチであっという間にイッちゃいました。


また、彼に見せ付けるようにテレクラの一人エッチしなきゃ・・・。
[PR]



by sefu0 | 2010-08-27 15:29 | 家出少女神待ち 官能小説

家出少女してます☆毎日神様探し頑張ってます♪S〇X覚悟だから、神様おねがぃぃぃっ!!!
by sefu0
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家出少女神待ち 官能小説
緊急★家出少女神待ちより★
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧