家出少女神待ちミナコ

家出少女 神待ちミナ 危険なテレクラ③

「我慢・・・できない・・・」

「じゃあ、足を大きく広げて」

私はお布団の中で足を大きく広げたんです。

「ゆっくり中に入れるからね・・・すごいビチョビチョに濡れて・・・中にはいったよ・・・」

本当に指を中にいれちゃちゃったの。

「ううう・・・・ぅぅううう・・・」

思わず声が出ちゃって・・・・

電話の先でもはぁはぁ・・・って聞こえてくる。

「どうなってる?」

「中・・・熱くて・・・グチュグチュに濡れて・・・き・・・気持ちいい」

「うぅ・・・」

声が出て、感じてる・・・って思ったら、ますます興奮しちゃって・・・

もっと気持ちよくなりたくて、奥まで入れようとするんだけど、指が奥まで届かなくて・・・

「に、二本入れていい?」

「い、いいよ・・・はぁ・・・んぅ・・・」

いっぱい興奮してる・・・

私は人差し指と中指をそろえて、中へ・・・

うぅぅ・・・きつい・・・きついけど・・・気持ちいい・・・

ああああ・・・・うううう・・・

電話から聞こえてくる。

その声を聞いてますます興奮する私。

でも・・・私の指、奥まで届かないんです。

うううう・・・・ん・・・

「指が気持ちいいところの奥まで届かないよぉ・・・」

いっぱい感じたいのに、指がどうしても届かないんです・・・もう、蛇の生殺し状態・・・(笑)

奥まで入れられて、激しくされたらすぐにイッちゃいそうなのに、ダメなんです。

中から指を出して、おっぱいをさわってみましたが、おっぱいでは物足りないんです。

もう一度中へ・・・

ヌプッ・・・

さっきよりも締まっているように感じます。

自分の身体なのに指が膣内(なか)に入っていかないのです。

「うぅぅ・・・んん・・・・」

もう、もどかしくてたまりません。

「イきたいよぉ~奥までぐりぐりしてぇ~」




その時です・・・



ガタッ

寝室の閉めたはずのドアが開いて、なんと彼が立っていたんです。

彼が近づいてきて、私が左手に持っていた、子機の電話をとられ切ってしまいました。

寝室の電気をつけられ、そして布団をめくられたんです。

「きゃっ・・・」

ピンクのパンティだけの・・・恥ずかしい姿・・・彼に見られちゃったんです。

彼はベットに座り、私の右手を掴むと、私の目の前に!!

「どうしたの?右手濡れてるね」

さっきまで入っていたので、指はてらてらと私の愛液で光っています。

「あっ!」

私は腕を引っ込めようとしますが、彼は離さないんです。

その指を彼は・・・口に含みピチャピチャと舐め始めたのです。

「あっ・・・ダメェ~」

もう些細な刺激にも興奮するようになっている私の身体。

彼は着ていたスーツを脱ぐと私をうつぶせに押し倒し、私が、唯一身につけていたピンクのパンティを膝まで下ろすと、お尻を高く持ちあげたの。

私のお尻を見てッ!といわんばかりの恥ずかしい姿。

そして、彼はゆっくりと私の白いお尻を左右に広げ・・・

「どうしてこんなに濡れてるの?」

と私に聞くの。

「イヤッ・・・」

そういって私は、逃げようとしますが、彼がしっかりと押さえていて逃げることができません。

「どうして?」

「・・・して・・・・た」

「ん?聞こえないよ?」
[PR]



by sefu0 | 2010-08-26 17:23 | 家出少女神待ち 官能小説

家出少女してます☆毎日神様探し頑張ってます♪S〇X覚悟だから、神様おねがぃぃぃっ!!!
by sefu0
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家出少女神待ち 官能小説
緊急★家出少女神待ちより★
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧