家出少女神待ちミナコ

家出少女 神待ちミナ 人妻刑事の受難②

『せ、先生まで、、、』


愕然とする理子。手を止めて立ち尽くしてしまう。

「どうしたい?おんなの刑事さんよ、、、、後2枚だぜ、、、、」

リーダーの銃口がもう一度政治家のこめかみに当てられる。

「ア、あ!!お願いだ!」

悲鳴を上げる政治家。


唇を噛みしめた理子の両手が背中に回る。

ぷちん!と音がしてホックが外され、水色の細長い布が宙を舞う。

「おおっつ!!!」

どよめく一同。

白桃のような乳房、グミの果実のような乳首、、、。

視線は釘付け。

再びシャッターの嵐。


間髪をいれず、おんなの部分を護る最後の一枚が床に落ちた。

思ったより濃い目の漆黒の草むらが男たちの目にさらされ、

理子の肢体は恥しさと悔しさに小刻みに震えだす。


「あ、兄貴!おれにヤラせてくれ!もう、我慢できネエよ!!」

いきり立つ一人の男。

が、リーダーは無視する。

そしてひと言。

「なあ、、、せんせいよォ、、、ヤんなよ、、、おんなの刑事さんとさ、、、

 あんたのここ、、、やりてえってさ、、、、、死ぬ前に、、いいおんなと、やんなよ。

おれたちが、見ててやるからさ、、、」

銃口で政治家の股間をつついた。


「せんせいも脱ぎナよ、、、、」


あわてて全裸になった政治家が、

狼狽する理子に迫る。


「せ、先生!やめて!!やめてください!!」

理子は後ずさりする。

だが、その先はベッド。


「す、すまん、!!」

「いやあっつ!!」

政治家は、すごい力で理子を押し倒し、

美しい顔に強烈な平手打ちを見舞う。


ピシャッツ!ぺしっつ!!ペシッツ!!!

一発、二発、三発と見舞われるうちに、

ぐったりとする全裸のおんな刑事。
[PR]



by sefu0 | 2010-08-22 21:23 | 家出少女神待ち 官能小説

家出少女してます☆毎日神様探し頑張ってます♪S〇X覚悟だから、神様おねがぃぃぃっ!!!
by sefu0
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家出少女神待ち 官能小説
緊急★家出少女神待ちより★
未分類

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧